「180……より、もうちょっとあるかな」
「あー、やっぱり超えてるんだ。おっきいなあ」
 ぺたぺたと合わさった手をじっくりと見つめた。
「なんだか同じ手とは思えないね!」
 別物みたいだね! と、言うと、彼は吹き出した。

QLOOKアクセス解析